2008年07月10日

懺悔・・・

実は・・・

ひまわり育成に・・・失敗しました・・・

全ては、ひまわりに対する私の愛情の少なさが原因です。
反省しております。

本当に申し訳ないことをしてしまいました。
植物に対して、これ程の気持ちを抱いたのは初めてです。
自分で育てるという経験は、小学生以来の事でした。
生き物に「もう一度」は無いことを改めて実感しています。

この経験を踏まえて、来年、再度チャレンジいたします。

来年こそは元気なひまわりを咲かせます。
posted by himawari at 22:13| Comment(0) | TrackBack(3) | ひまわり育成日記

2008年07月01日

【第3回】最近「思い込み」って何かありましたか・・・?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            <<ひまわりを育てるようにお客様を育てる>>
                 [ひまわり流お客様育成講座]
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【速報!!】ひまわり大ピンチ!! ひまわり育成日記好評連載中!!
 育成日記はこちら⇒http://halle.sblo.jp/category/565939-1.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第三回目のテーマは・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最近「思い込み」って何かありましたか・・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、最近の思い込みって何かありましたか?

よく聞く会話で
「だって、自分はそう思ったから!」・・・とか、
「普通そう思うよねー!?」・・・とか、
「そうに決まってるじゃん!」・・・とか、
「○○さんが言ってたから!」・・・とか。

これ、定番ですね。

どのパターンも、そこには確たる根拠・証拠が無い。

いわゆる「思い込み」です。


★「思い込み」×「思い込み」=永遠に埒があかないコミュニケーション

だと思いませんか?


さて、ある食品販売店での出来事をご紹介しましょう。

そこの売りは「おいしいお米」。自前の田んぼで作る、自作のお米です。
リピート率はほぼ100%。

ある時、何年も続けてお買い上げ頂いているお客様に、稲穂が実っている様子
や、収穫の風景などを定期的に情報配信をし、いざ収穫後は美味しく炊けた
ご飯の写真と共に新米発売のご案内を送ります。
数日後、担当者が丁寧に電話でのご案内。

と、その時!

担当者が電話で聞いたお客様の衝撃的な一言とは!?


お客様:「あなた!しつこいわよ!!」
担当者:ショック状態・・・


が、担当者、気を取り直して、冷静に冷静に、お客様からその事情を聞き出し
ます。

よくよく聞いてみると、また衝撃的な一言が!!


お客様:「私食べてないのよ!!そのお米!」
担当者:ショック状態再び・・・

震える手がもつ受話器が、パニック状態の担当者の耳を軽く連打します。

しかし、そこでも正気を取り戻した担当者は遂に真相の解明に漕ぎ着けます。


その真相とは・・・

実はそのお客様、一度試食をされて、それがとても美味しかったので早速、
お友達に口コミをして下さいました。
食べてみたいというお友達に代わって、お米を買ってあげ、それが数年
繰り返されたのでした。
そのお客様ご自身は、ご親戚が作られているお米を食べていたのです。
そして、お友達の方はご主人様の転勤で遠くへお引越しと相成り、お米の購入は、そこで一旦ストップとなった訳です。


さて!ここでの「思い込み」は何でしょう??

1.何年も買って頂いているから、気に入って頂いているのだろう
2.何年も買って頂いているから、今年も買って頂けるだろう
3.買って頂いているのだから、当然本人が食されているのだろう

こんなところでしょうか。
1.と2.は、誰もが思うでしょうね。
3.に至っては、こんなこと当たり前すぎて考えもしないでしょうね。


この例には、お客様が「なぜ」購入されたかが全く無いのです。
そして、その商品をご利用頂いて「どうだったか」が全く無いのです。

つまり、、、

■原因と結果がない

のです。

●「原因」=「なぜ購入されたか」 この式はお分かり頂けるでしょう。

しかし、

●「結果」=「購入」 ではありません。

●「結果」=「購入された商品を利用してお客様が何を手にしたか」 なのです。

つまり、「その商品はどうだったか?」が結果なのです。


今回の例は、お客様とのコミュニケーション不足で、この「原因と結果」を把握
していなかったことが問題です。

お買い上げの実績、つまり「金」でしかお客様を把握していなかったのです。

もし、「お友達に代わって」という、手間のかかることをして下さっていたと
分かっていたら、そのお客様に対して感謝を形にして表すことが出来たでしょう。
味も素っ気も無い米袋に、ちょっとしたラッピングを施してお渡しできたら、
そのお客様も、受け取る側のお友達も心が和んだに違いありません。


いかに、お客様を知るということが大切なのか。
中でも「原因と結果」=「なぜ?&どうだった?」を知ることが大切なのかを
お伝えしたかったのです。


ひまわり育成日記に書いていますが、ひまわりのことを良く知らないまま、
中途半端な知識で育て始めたため、もやしのようなひまわりになって
しまっています。
「愛情だけでは育たないんだなぁ」と思いましたが、それは押し付けの、
独りよがりの愛情であって、ひまわりが求めるもの、必要としているものを
与えるのが真の愛情なのですね。
そして、その愛情を形に変える第一歩が「ひまわりを良く知る」ということ
なのだと、改めて気づかせてもらいました。

普段の生活でも、この思い込みをなくし、互いを良く知り合えたら、人との
コミュニケーションは豊かなものになるでしょうね〜。

2008年06月27日

徒長・・・

徒長【とちょう】作物・樹木の茎や枝などがむだにのびてしまうこと。肥料の過多、日照の不足などから起こる。


「徒長」という言葉に初めて出会いました・・・

今の、ひまわりちゃん達は、ひょっとしてこれなのでしょうか・・・

確かに、日照不足が続いています。
水のやり過ぎもダメなようですが、土の乾き具合を見てお水をやっていたので、やはり日照不足でしょうか・・・

芽が出たら、水は抑え目にするのが良いようです。

水や肥料を沢山あげると、どんどん上に上にと伸びようとするから、ひょろっとしてしまうのだそうです。

先日、液体肥料をあげちゃいました・・・(^^;;

ぅ〜む、やはり、気合だけではダメだということですね!

まずは、ひまわりの事を良く知らなくちゃダメです。

愛情だけじゃ育たない!

というか、真の愛情は、まず知る努力をすることからですね・・・

愛情が足りなかったのですねぇ・・・押し付けの愛情でした。
独りよがりの愛情でした・・・


深い・・・これは深い学びです。


ひまわりに必要なもの。ひまわりが欲しているものを与える。
その為に、ひまわりを知る。これが愛情表現の第一歩。

お客様に対しても、一緒ですね。
posted by himawari at 18:56| Comment(106) | TrackBack(0) | ひまわり育成日記

2008年06月24日

伸びました!!

皆様こんにちは。

雨後の空、雲間に広がる青空がとってもきれいな那須高原からお送り致します。

さてさて!およそ一週間の出張から戻ってまいりましたところ、可愛い愛しいひまわりちゃん達が、ひょろひょろと伸びておりました!!
こんなに伸びるのですね!?
一週間で5〜9センチ伸びています。

CIMG2272.JPG

しか〜し! ちょっと細いのでしょうか?
ひょろひょろし過ぎて、まるでモヤシのようで、まっすぐ空に伸びるひまわりとは程遠く、しんなりしていました・・・

そこで、素人考え・・・

添え木をしました(笑)

CIMG2273.JPG

写真の通りです・・・ストローを立て、家電製品のコード類の結束に使われる針金(?)を使って、ひまわりちゃん達をハグするように、両手を広げた感じで支えてみました。
紐か何かで結ぶと、ひまわりちゃん達が窮屈そうなので、こんな感じにしてみました。

それと、種を植えた位置が浅すぎたのかな?と思い、土をちょっとだけ足してみました。
水を何日もやっていると隙間が詰まるのでしょうか。
土の表面が下がっていた(地盤沈下)のもあったので。

更に、初日に買っておいた液肥を水で100倍に薄めて、与えてみました。
4〜5日おきに液肥をあげると良いみたいです。

さぁ、これで、太くてシャキ!!っとしたひまわりに育ってくれるでしょう!!
と、信じて。。。


出張中は、ひまわりちゃん達が気になります(笑)

お世話は、地元の方に預けてお願いしました。
ひまわりの外泊です・・・

一週間での伸び具合にはびっくりしましたが、反面、元気の無さが心配になります。
が、愛情があるので、素人なりにもあれこれと考えをめぐらし、あの手この手と打つものですね。
我ながら、そんな自分にちょっとびっくりですが・・・

土を足しながら、ストローを挿しながら、ワイヤーを巻きながら、液肥をやりながら、ず〜っと話しかけます。(←これがポイントらしいです!=話しかける)
根底には、絶対に元気に育つと信じる心です。


ところで、このひまわりちゃん達、ちょっとすねちゃったお客様のようですね。

お客様はお店も、スタッフも、商品も、「気に入りそう」だったのに、ちょっとしたお店の不手際で、すねちゃった。
でも、かと言ってお店を離れる程ではない・・・

十分に修復可能な状態です。むしろ、簡単に修復可能なレベルです。

今日、僕がひまわりちゃん達にしたように、あれこれと誠意を尽くします。
一番はやはりコミュニケーションでしょう。
「話す」ことですよね。

諦めないあきらめない。

お客様もひまわりも・・・

ひまわりからは実に多くの気づきを頂きます。

感謝・感謝
posted by himawari at 17:40| Comment(15) | TrackBack(0) | ひまわり育成日記

2008年06月17日

【第2回】 「土」ってなんだろう?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            <<ひまわりを育てるようにお客様を育てる>>
                 [ひまわり流お客様育成講座]
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【速報!!】遂に芽が出た!! ひまわり育成日記好評連載中!!
育成日記はこちら⇒http://halle.sblo.jp/article/16100961.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第二回目のテーマは・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「土」ってなんだろう・・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様こんにちは。
自分で植えたひまわりも芽を出し、日差しも強く、いよいよ夏の気配の那須よりお送り致します。

第一回は『ひまわりの「種」ってなんだろう・・・?』でした。

●「種」とは「広がるもの」でした。
●ついつい「花」という結果に魅了されがちですが、大切なのは「種まき」をし続けるということでした。

では、今回のテーマ「土」について。

------------------------------------------------------------------------
【Q】:例えば、「種=お客様」とした時に、「土」は何だと思いますか?
------------------------------------------------------------------------
よく「土壌がいい」という言葉を使いますが、今回はこれをヒントに考えてみてください。


私が思うに、「土」=「環境」です。
具体的には、商品であり、サービスであり、スタッフであり、情報であり、立地であり、価格であり、企業理念であり・・・
「種=お客様」を取り巻く全ての環境です。

ひまわりの種のように、お客様は意識・無意識を問わず、自らを取り巻く環境から必要なものを吸収して育ち、あるいは吸収するものが無くて、枯れてゆきます。

さあ、ではここで水やりの事を考えてみましょう。

水は、何に対して与えますか?

ひまわりの種に水を与えますか?


違います・・・

土に与えます。
種に水を与えているのではありません。
種は、土から必要な分だけを吸って成長します。
土が乾いていれば枯れます。

水を与えるということは、環境を整えるということに他なりません。
それも、お客様一人ひとりの環境をです。
ひまわりの育て方とバラの育て方が違うように・・・

商品の質を上げ、サービスの質を上げ、スタッフの質を上げ、情報の質を上げ、
これが水をやるということです。

いずれも企業が自分自身で直接コントロールできる部分で、お客様に働きかける部分ではないですね。

ダイレクトマーケティングやワン・トゥ・ワンマーケティングと言われるので、どうも直接お客様をコントロールしようとしてしまう企業が多いのですが、それは大勘違いです。
お客様をコントロールしようというのではなく、お客様それぞれにあった環境を作りましょうという事なのです。

買え!と言って買うお客様はいません。

お客様の購買とは、とても間接的なものなのです。

弊社がお手伝いさせて頂いている、成功している企業は、営業時間を削ってまで社内ミーティングを大事にしています。

まさに、商品、サービス、スタッフ、情報などの質を上げるための時間。
そしてお客様情報のシェアーの時間です。

お客様がどんな環境をお望みなのかが分からなければ何も始まりません。

だから、お客様を知る努力の一つとしてお客様情報のシェアーの時間が必要なのですね。
そして、その手助けとして「顧客管理システム」があるのですね。

ある企業は、弊社が提案した顧客管理から始まり、企業理念、就業規則、給与体系、人事にまで変革が及びました。
専門家のチームを組みましたが、その際中心になったのは「顧客管理」でした。
「お客様のための環境づくり」を機軸に全てが決定されました。
一つの究極の形だと思います。

なかなかここまでは出来ないものです。が、「お客様のための環境づくり」という意識を今以上に強く持ってみてください。

------------------------------------------------------------------------
『お客様を育てる』とは、実は『企業を育てる』ことなのですね。
------------------------------------------------------------------------


私自身、そして弊社も常に学びの連続です。
この講座を書きながらも、自問自答を繰り返し、よりよいお客様のための環境づくりに取組まなければと、想いを新たにしています。


さて、今回はここまで。

次回は、、、そうですね、「ひまわり育成日記」の5つのひまわりの成長度合いに合わせて、そこから受けたインスピレーションでお話しすることにしましょう。
Liveです。その時々にしか伝えられないメッセージをお届けしましょう。

「ひまわり育成日記」には、ひまわりの成長から感じた顧客管理に関することにも触れていますので、是非ご覧下さい。

それでは、次回、またお会いしましょう!

芽が出揃いました!

遂に!五人のひまわりが、揃って芽を出しました!

CIMG2269.JPG


5人揃うと精悍ですね。
「いくぞ!」というパワーが伝わってきます。
毎日毎日成長してゆく姿がはっきりと分かるんですね。
種から、およそ3ヶ月で花を咲かせるのですから、凝縮された人生だと思います。

ところが、人の成長や変化となると、なかなか手に取るように分かるものではありません。
それは、時に劇的に変化することもありますが・・・

例えば、スタッフの意識改革。
「顧客管理」は根底に「お客様に喜んで頂きたい」という想いが無ければ出来ないもので、形式としてやっていると、それはまさに「管理」になってしまいます。

みなさんは「管理されること」がお好きですか?

私は嫌です。でも、おもてなしされるのは大好きです(笑)

でも、おもてなしって、お客様への想いや習慣が無ければ出来ないものです。

これらを養っていくのには時間がかかります。

反面、確実に養っていけるものでもあることを忘れがちです。

人は、その多くが、他人との良好な関係を構築したいと望んでいます。
スタッフ同士、そしてお客様と。

それには、小さな実体験を積む事が一番です。
例えば、来店された時の第一声。お客様にどんな声をかけるのか・・
お客様にとって嬉しい一言は何か・・・

人間力のあるスタッフならばそれはいとも簡単に繰り出されます。
では、人間力の無いスタッフは・・・???

『データ力』を活用すればいいのです。
過去のお客様との会話などを分析すればいいのです。
徹底してお客様を知る努力を惜しまないことです。

無機質なデータを活用しながら、心地良い会話を交わすことで作られていくお客様との良好な関係。ハートフルな関係。
この過程において、人間力は養われてゆきます。
時間のかかることです。

ひまわりを育てていると、色んなことが凝縮されて、象徴的に現れるので、気づきが沢山ありますね。

皆さんも是非、ひまわり育成にチャレンジしてみてください。
種をなくされた方や、植えたけれど芽が出ない方、新たにチャレンジしてみたい方は下記のフォームより、「ひまわりの種希望」と書いて、送信して下さい。お送り致します。

申込フォーム⇒http://www.skysc.jp/f/inquiry_form

弊社・東京地区代理店の(株)スカイシステムコンサルティングより発送させて頂きます。
posted by himawari at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひまわり育成日記

2008年06月14日

芽が!!

出ました!!

CIMG2258.JPG

h,a,l,l,e のうち「いー!くん(e)」が一番でした。

他の4ひきも、土が盛り上がってきているので、芽が出てるに違いありません。

明日にも、顔を出しそうです。

楽しいです!

って、これは本人だけなんでしょうね・・・(笑)

とっても愛しいですね。


私がお手伝いさせて頂いている企業のスタッフ・Aさんから、ある時一通のメールがありました。

「渡辺さん! ○○さんから『無愛想な私に親切にしてくれてありがとうね』と言って頂けました!」と・・・

○○さんは無愛想で有名なお客様。時々発する言葉はネガティブなもの。
正直なところ、Aさん以外は敬遠していたお客様でした。
でもAさん。とっても愛のあるスタッフで、分け隔てがないんですね。
○○さんにも誠心誠意尽くしていました。

ひまわりの種から芽を出させるのはとても簡単なことだけれど、でも、「信じて尽くす」という事の根本はAさんと○○さんの関係でも同じだなぁと思います。
芽が出ると信じて、水をやり、声をかけ、鉢を撫で、この繰り返し。

やはり、信じることがスタートだなぁと、初めてのひまわりの芽を見て思いました。

きっと元気なひまわりが咲くよ!!
posted by himawari at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ひまわり育成日記

2008年06月12日

【第1回】 ひまわりの「種」ってなんだろう?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            <<ひまわりを育てるようにお客様を育てる>>
                 [ひまわり流お客様育成講座]
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【速報!!】遂に種まき完了! ひまわり育成日記が始まりました!
第一日目は「種の植え方」です。
育成日記はこちら⇒http://halle.sblo.jp/category/565939-1.html
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第一回目のテーマは・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ひまわりの「種」ってなんだろう・・・?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一粒のひまわりの種から咲いた大輪のひまわり。
そこから採れる種は数百から千個と言われています。
ひと夏で、一粒が数百粒です。

さて、これをヒントにして、、、

------------------------------------------------------------------------
【Q】: みなさんのビジネスにおける「ひまわりの種」ってなんでしょう?
------------------------------------------------------------------------
ちょっと考えてみて下さいね。
この問いに正解・不正解はありませんから。

例えば、、、
┏━☆…━━━━━━━━━━━┓
@ 既存のお客様
A 初めてのお客様
B 現在ご利用頂いている商品
C お客様のご要望
D クレーム
E 企業が発信する情報
F お客様が発する一言
G スタッフが発する一言
H スタッフのアイディア
I おもてなし
┗━━━━━━━━━━━…☆━┛
などなど・・・

これらに共通することは?

ヒントからも分かるように「広がるもの」ですね。

★ @やAの「お客様」は、もちろん口コミによるお客様の広がりですね。

★ Bの「現在ご利用頂いている商品」は、愛用商品の、一つから二つ、更に三 つへの広がりですね。

★ Cの「お客様の要望」は、いわゆるウォンツですね。ウォンツを満たす事で、 次のウォンツを引き出し、またそれを満たす。ウォンツの広がり=お客様満 足度の向上です。

★ Dの「クレーム」は放って置くと更なるクレームに広がり、適正な対処によ って信頼へと転換し、ビジネスのチャンスを広げるものですね。

★ Eの「企業が発信する情報」は、受信した人を通して、他の人へ広がるもの であり、受信した人の購買意欲を高め、購買のチャンスを広げるものですね。

★ Fの「お客様が発する一言」は、お客様との会話を広げるものであり、広く そして深くお客様を知るきっかけとなるものですね。

★ Gの「スタッフが発する一言」もまた、お客様との会話を広げるものであり、 お客様の心を開く呪文でもあります。言葉によっては心を閉じることも・・・

★ Hの「スタッフのアイディア」は、企業がそのアイディアを真剣に受け止め、 検討し、実現する姿勢を示すことで、次のアイディアに広がるものですね。

★ Iの「おもてなし」は、お客様の心の間口を広げ、信頼を深め、次回への期 待を高めるものですね。

こうして見てみると、あらゆるものが「種」なのですね。
私達が普段していることは、そのほとんどが「種まき」なのですね。
逆に、これらの「種まき」をしていない所には、芽も出なければ、花も咲かない訳です。

ひまわりの種のように、ひと夏で数百にもなると考えたら、今皆さんがお持ちの種はどれだけの価値のある種なのでしょう。

ついつい「結果」である「花」に魅了されてしまいがちですが、最も重要なのは、この種なのです。

ちょっと意識を変えてみてはいかがですか?


さてさて、次回は「土」について考えてみましょう。
お楽しみに〜。

2008年06月09日

いよいよ種植え!(ひまわりの植え方)

皆様こんにちは

遠くで雷が鳴っている那須高原からお送り致します、ひまわり育成日記。

いよいよ本日スタートです。

本日より、元気なひまわりが咲くまでの2〜3ヶ月間。
2008年"夏"---皆様とのひと夏の想い出作りのスタートです。

ということで、早速始まるひまわり育成。

まず初めに、、、

Q1.どうやって育てるの!?!?
A1.こういう時はググります。googleで検索「ひまわりの育て方」

ここでチェック。
まずは必要なものを揃える!!

ということで、近所の100円ショップへGOOOO!!!

CIMG2218.JPG

写真左上から

1.園芸用鉢底ネット
  ※鉢の底に水抜き用の穴が開いていますが、そこから土が漏れないようにするためのネットです。

2.鉢
  ※なんとなく素焼きの四角が良くてこれにしました。大きさは3号で10センチ角です。

3.液体肥料
  ※芽が出てから水で薄めて施肥をするようです。今回は出番無し。

写真左下から

4.鉢底石
  ※その名の通り鉢の底に敷く石で、水はけを良くして根腐れを防ぐようです。

5.ベランダ用土
  ※地植えと鉢植えでは使う土が違うらしいです。色々な土が配合されています。店員さん曰く、これがいいんじゃないですか?・・・
決めるのは自分です。

「小さなスペースでも楽しさ無限大」

のキャッチコピーで決めました・・・

6.ジョーロ
  ※黄色にこだわってます・・・

ということで、お買い物完了。しめて600円-でした。お手頃な趣味です。。。

いよいよ種植えです!!

まずは、
【1】鉢底ネットをちょうどいい大きさにカットして、鉢底に置きます。

CIMG2222.JPG

【2】鉢底石を一層(約1センチ)敷き詰めます。

CIMG2224.JPG

【3】ベランダ用土を入れます。

CIMG2226.JPG

【4】お水をたっぷりとあげます。土全体に浸み込ませ、鉢の底から滴るくらいにたっぷりと。一度では染み渡らないので3度繰り返しました。

CIMG2227.JPG

【5】いよいよ登場!ひまわりの種!!
   エクスポのブースで差し上げましたひまわりの種セットのご登場です!!

CIMG2230.JPG

【6】指で深さ2センチくらいの窪みをつくり、ひまわりの種さまにお入り頂きます。

CIMG2231.JPG

アップでご覧下さい。

CIMG2233.JPG

崇高なお姿で、鎮座されております。

【7】そっと土をかぶせ、最後にもう一度お水をあげます。

CIMG2234.JPG

【8】最後の仕上げ!! プレートをさして完了です。
   ※ひまわりの種セットには、プレートまで入っています。。。
   ※プレートが無いと「セット」とは言えません。ただの「ひまわりの種」です。

CIMG2236.JPG

今日の日付を入れて・・・・・ん?『h』???暗号でしょうか・・・

CIMG2240.JPG

CIMG2241.JPG

CIMG2242.JPG

CIMG2243.JPG

CIMG2244.JPG

h a l l e、、、

ひらめき
CIMG2239.JPG

『halle』

はい、弊社の名前、晴(halle)にしてみました。
なんだか、ゴレンジャー的です。

これからはそれぞれを、こう呼びます。

★hくん(英知くん)
●aくん(栄くん)
♡エルちゃん(桃レンジャー的存在は必要だと思われます)
■lくん(得るくん)
▲eくん(いー!くん)

芽が出るのがとても楽しみです。

日当たりと風通しの良いところで、朝・夕にお水をやります。
が、土の乾き具合を見てお水をあげるようです。
湿っていたらあげなくてもよいのだそうです。

毎日の楽しみとハリが出来ました。

皆さんも是非ご一緒に!!
5月・6月がちょうど種を植えるのに最適な時期のようですよ。


posted by himawari at 15:17| Comment(9) | TrackBack(1) | ひまわり育成日記

2008年05月17日

おまけショット

ひまわりへの執着ぶりを、ここでも一つ・・・

ひまわり娘が持っている籠には「ひまわりの種セット」が入っていました。

まず、籠も薄い緑色でひまわりチック。
更にはひまわりの装飾つき。
偶然入っている黄色いものは、ガムテープ・・・やはり黄色です。

CIMG4563.JPG

壁面のひまわりの大きさがこれで分かります・・・


そして最後に、我らが看板娘達と、看板知事で〆させて頂きます。

CIMG2154.JPG

会期中にご来場頂きました皆様に、改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

また、出展までにご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。

大変親切にして頂いた近隣ブースの皆様に感謝申し上げます。

柚木社長、スタッフの皆さん、ご苦労様でした。


また来年、ビッグサイトで会いましょう!!
posted by himawari at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | EXPO2008